snowgoose


トッ プ  |  工房案内  |  商品案内  |  イベント情報  |  Happy Life Factory  |  工房だより  |  リンク





塗装について 

当工房では、オイル塗装とウレタン塗装を商品によって使い分けております。それぞれの特徴は下記の説明をご覧ください。

オイル塗装


当工房の商品は、基本的にオイル塗装(オイルフィニッシュ)です。
オイル塗装は、ウレタン塗装のように木の表面に皮膜を作る塗装ではなく、木にしみこむことで保護する塗装です。そのため、木の呼吸を妨げることがなく、木の自然な風合いや肌触りを保ったまま、耐摩耗性や撥水性を高めることが出来ます。ウレタン塗装に比べると、撥水性や塗装の耐久性はやや劣りますが、高い安全性と皮膜を作らない事による再塗装のしやすさなど、優れたところの多い塗装方法です。

オイル塗装にもいろいろな種類があります。クルミ油やオリーブ油など、完全な自然素材を使う方法もあります。当工房では、安全性や環境負荷の低さはもちろん、撥水性や作業性・経済性等を考慮した結果、ドイツ製のオスモカラーを使用しています。

オスモカラーはひまわり油・大豆油・アザミ油等の植物油をベースに植物のワックス分(カルナバワックス・カンデリラワックス)等が配合されたものです。溶剤は白色ミネラルオイルという、脂肪族炭化水素の溶剤で、ウレタン塗装などに使われるシンナーのような有機溶剤は含まれていません。そのため、嫌な臭いも少なく、シックハウス症候群などの心配もほとんどない、安全な塗料です。塗装の作業中に有害物質を放出することもきわめて少なく、塗装したものが役割を終えた際、焼却してもほとんど無害です。土に埋めてもやがて分解されます。

植物油ベースとはいえ、溶剤は石油由来なので、日本での輸入代理店、日本オスモ(株)のように無公害塗料と言い切れるかどうかは解釈が分かれますが、オレンジ油などの天然素材を溶剤とした場合、アレルギー体質の方では、症状を悪化させる場合が比較的多いという指摘もあり、現時点ではオスモカラーがクラフト品の塗装には最適と考えます。

オイル塗装品は定期的に再塗装しないと使えないのでは?という疑問をお持ちの方がいらっしゃいますが、当工房の商品で言えばフォトスタンドや時計のように、さほど触ったり動かしたりすることがなく、水がかかったりすることもないようなものについては、ほとんど再塗装の必要はありません。普段のお手入れは、乾いた布でホコリを払う程度で十分です。それでも取れない汚れは、良く絞った布で拭いてください。箸立てのように、洗う頻度も高く、やや水分が多い環境で使うことの多いものは、場合によっては再塗装が必要です。汚れが気になるようでしたら、有償ですが当方で修理・再塗装いたします。

ウレタン塗装

当工房でもトレーのように、水がかかる頻度が高く、こまめに洗う必要もあり、また固いもの(陶器など)を上に置くものの場合、塗装の耐久性を重視して、ウレタン塗装を施す商品もあります。使用している塗料はシックハウス症候群等を引き起こす心配の少ない、最もホルムアルデヒドの含有量の少ない検査安全基準の階級F☆☆☆☆(フォースター)のものを使用して塗装しています。

なお、ウレタン塗装は、まわりの環境に有害物質をまき散らすことがないように、施設の整った業者に外注しております。